ピル服用で起こる副作用について知っておこう!

ピルでよくある副作用でイライラするといった不快な気持ちに見舞われてしまう場合がよくあります。
ただこのような症状が発生してもピルを飲み続けていると症状は消えていく場合が多いようです。
結果的に副作用の症状は消えてしまうようですが、そもそもどうして副作用は発生するのでしょうか。
それは体内のホルモンに関係しているからです。
通常、人が快適に過ごせるのはホルモンのバランスが取れているからです。
しかし、ピルを服用するとこのホルモンのバランスが変化してしまいます。
なぜホルモンバランスが変わってしまうのかと言いますと、ピルを服用し始めると一定のホルモン水準が作られます。
それによってこれまでのホルモンバランスが変化します。
バランスが変化すると、体は新しいホルモン環境に慣れていく必要があるのですが、慣れていく過程でイライラするといった不快な気持ちになってしまうことがあるのです。
また場合によっては吐き気を催すこともあります。
副作用に悩まされる女性しかし心配することはありません。
このような副作用はごく一時的なものなのです。
もちろんホルモンバランスというのは個人差があるのでいつ副作用から解放されるのかはっきりしたことは言えません。
ピルによって作られるホルモン水準をどのように体で受け止めることができるのかというのは個人差が生じます。
受け止める際に自然なホルモン環境と感じる人もいれば、違和感を感じる人もいます。
ただ個人的な時間差はあってもとにかく新しいホルモン環境に慣れてしまいさえすれば副作用の症状は発生しなくなります。
また、更年期障害によるホルモンバランスの変化で体調を崩す場合もあります。
自分で更年期障害だと把握して対策することは難しいため、更年期障害の検査を受診すると良いでしょう。
最近では副作用の少ないタイプの低用量ピルがあります。
低用量ピルとは一度に摂取する女性ホルモンの量が少ないタイプのピルで副作用も少ないというメリットがありますので副作用が気になる方は使用を検討してはいかがでしょうか。
低用量ピルの中でもおすすめなのがヤスミンで、ピルの副作用に見られがちなニキビやむくみなども抑えられています。
低用量ピルには色々な種類がありますがこれを機に副作用の少ないヤスミンをチェックしてみてください。
もししばらく服用しても副作用が無くならない場合は専門医に相談してどのように対応すればよいかを相談してみると良いでしょう。

おすすめ記事
  • 低血糖に悩まされる女性
    ピルを飲むと低血糖になるってホント?

    確実に避妊する方法としておすすめなのが、ホルモンを利用した避妊薬であるピルです。 ピルは女性ホルモンを利用した避妊薬で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンによって排卵を制御し、子宮内膜を変化させることで受精卵を着床しにくくする上、子宮頚管の粘液を変化させることによって精子の子宮への侵入を防ぎます。 ホルモンによって妊娠を防ぐとともに、月経困難症の軽減や生理周期が規則正しく28日周期になる、子宮がんのリスクを下げたり、女性ホルモンによる効果でニキビを改善するなどの効果があります。 さまざまなメリットのある薬ですが、副作用もあるため注意が必要です。 大きな副作用としてしられているのが、女性ホルモンが血液を固めてしまう成分の合成を促すことです。 血栓ができるリスクが高まってしまうため、心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症になりやすくなってしまいます。 また、あまり知られていない副作用ですが低血糖になってしまう可能性もあります。 ピルを飲むことでホルモンを生成するために血液中のコレステロールが使われます。 食事の量が少ない人ですと、コレステロールが上がらない、つまり血糖値が上がらない状態になってしまい、貧血やイライラ、不安感や短気で怒りっぽくなる、食欲が増えたり、空腹感が出てしまう、胃が痛くなるなどの症状が出てきてしまう可能性も考えれるのです。 低血糖に対しての対処方法としては、簡単に食べれる飴やスナック菓子、おにぎりや缶コーヒーや缶ジュースなど糖分の含んでいる物を常に持ち歩くことが良いとされています。 低血糖が酷いと脳に糖分が不足してしまい失神してしまう危険性もあります。 低血糖の副作用が出た場合には、婦人科などで低血糖の症状と、ピルの内服継続について相談することをおすすめします。

  • 基礎体温を測る女性
    ピルと基礎体温の測り方

    基礎体温とは、安静にしている時の体温のことです。 人間の体温は1日で変動しています。 基礎体温を測るには、毎日同じ時間に安静にしている状態で測ることが大切です。 そうすることで、一か月の基礎体温の変化が分かり、生理の周期や妊娠しやすい時期が分かるようになります。 一番良いのは朝起きてすぐ、起き上がる前に測ることです。 起き上がって歩いたりすると、それだけで体温は変化しますので、動き出す前、横になっている状態で測るのがベストです。 基礎体温計にはライトがついているものが多いので、カーテンを開ける前、部屋が暗くても測ることができます。 小数点以下2桁まで測れる体温計で測るようにしましょう。 測った数字は毎日メモをしておきます。 グラフにすると分かりやすいでしょう。 女性の基礎体温は、低温期と高温期に分かれます。 生理の初日に低くなり、排卵日に高くなります。 排卵日のおよそ14日後に生理がくるようになっています。 排卵日の前後は最も妊娠しやすい時期です。 避妊が欠かせません。 ピルを服用している人は、排卵を抑えて妊娠を避けることができます。 排卵が起こりませんので基礎体温は一定です。 ピルを服用しない時の低温期より少し高いくらいの体温がずっと続くことになります。 ピルを服用すると、体温が一定になることからお肌の調子が良くなり、吹き出物ができにくくなります。 生理痛が改善され、出血も少なくなるなど、メリットがたくさんあります。 妊娠を望まない人は、ピルを服用すると安心です。 服用中は妊娠しやすい時期を知るために基礎体温を測る必要はありませんが、体調管理の観点からは毎日測る習慣を持つことが望ましいでしょう。 体調の変化にすぐに気づくことができます。

  • ピルケース
    ピルとケースとAリポ酸について

    Aリポ酸は補酵素の一つであり、別名で呼ばれることもあります。 ダイエットをする人もサプリなどで利用することがあり、ピルケースに入れて携帯することもできます。 ミトコンドリアの中で、Aリポ酸はエネルギーを作るときに補酵素として活躍をしてくれます。 そのため。 このダイエット効果や、体内での脂肪燃焼効果などもあって、サプリでも多く登場することになりました。 ただ現段階では、科学的には証明はされてはいません。 それでもダイエット効果があるものとして、テレビ番組や雑誌でも取り上げられており、ダイエットをすると気に取り入れる人はいます。 ダイエットにいいといっても、勘違いしてはいけないのは、飲めばどんどん痩せる魔法の成分ではないということです。 Aリポ酸の成分をサプリで摂取をしたら、プラスして必ず体を動かしてこそ、その作用は作用すると言えるからです。 サプリを飲んだだけで、好きなだけ食べて飲んでいたら、いくらたっても痩せることはありませんし、太ってしまっても文句は言えません。 サプリを飲んだら、運動をして体を動かして、カロリーを消費しないといけません。 Aリポ酸はサプリでの摂取ができますが、1日の摂取量を守って飲むのがいいでしょう。 約三サプリを飲んでも、効果が高まるというものではないからです。 サプリを飲むために管理方法としても、ピルケースがあると毎日飲んだかもわかりますし、飲む量の飲みすぎまで管理できて便利です。 お薬ではなく、サプリは健康食品であるため、長期的に飲んでいって、効果がじわじわと感じられればラッキーといったところでしょう。 脂肪燃焼を補助してくれますが、体を動かす努力をすることを忘れないようにしましょう。

  • ピルを購入する女性
    高校生が激安でピルを入手するには

    高校生ともなると性行為をする人も増えてきますが、そこで問題となるのが避妊のことです。 高校生で妊娠をしても問題ないという人は少なく有りませんから、大人以上に避妊に気をつける必要がありますがその一方で高校生が出来る避妊法というのは限られてしまうものです。 コンドームを使うことが最も簡単で効果の高い方法ですが、絶対に妊娠をしては不味い高校生だからこそピルのような確実性の高い方法をとりたいところです。 しかし、避妊目的でピルを処方してもらいたいと告げるのは高校生にとって勇気がいることですし、周囲が反対をすることもあるのでなかなか気軽に手に入れることができません。 また、お金がかかるものですから金銭的な負担が気になってピルを入手できないということもあり、高校生のピルによる避妊はより難しいものとなってしまいます。 そのような時にリスクは有りますが、誰にも知られることなく激安でピルを手に入れることができる方法としては、個人輸入代行を利用するという方法があります。 ピルというのは国内では処方箋がないと入手することができませんが、処方箋の不要な国から直接取り寄せて個人使用をする分には問題有りません。 しかし、個人輸入をするというのは簡単なものでは有りませんから、そこで代行業者を利用することで激安でピルを手に入れることができるのです。 個人輸入代行業者と言っても特に難しいことはなく、一般的な通販と同じ感覚で使うことができるので利用者側は特に意識をする必要は有りません。 海外からの取り寄せなので到着までに時間がかかるという欠点はありますが、それ以外は通販と変わらないのです。 ただし、扱っているものが薬であるためその部分でのリスクが有るため、使い方は正しく守り何か以上があったらすぐに医療機関で診察をうけることが大切です。